FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネック交換 #作業終了

ここしばらく台風の様な天気が続いてましたが、今日はだいぶ落ち着きました。

明日はちょっと晴れ間も覗きそうです。

ネック交換もどうにか最終作業を迎えました。

ナット溝を削るヤスリは特殊な工具なので、DIYセンターには置いていません。
以前から入手したいと思ってはいるのですが、なかなか購入に至りません。

そこで、『ロックな雑貨&楽器のお店 VERY APE INC.』に持ち込んで、
ナット溝やすりを借りて作業してきました。

P1050797_convert_20090528213934_20121119123541.jpg

だいぶ削りました。

ナットのヘッド側の溝が浅く見えますが、
ナット上部を、少しヘッド側に傾斜を持たせてあるためです。

実際には溝をちゃんとヘッド側に傾斜させて削ってあるので、開放弦でのビビりは出てません。

次回の弦交換時に、もう一度ナットの成形をし直します。

上部を削って、見た目をもうちょっとスッキリさせたいです。


この後、弦高調整とオクターブチューニングの調整をして

P1050791_convert_20090527224124_20121119123540.jpg

作業終了です。

VERY APE INC.スタッフのイト君がアンプに繋いで試奏してました。

ネックをまるごと交換したので、ナット単体での比較は難しいのですが

TUSQは高密度なので、弦振動の伝導率は良いですね。

サスティンも長くなり、音の立ち上がりも早い気がします。

以前、友人のガットギターのサドルをTUSQに交換した時と同じ印象です。

元のサドルがプラスティック製だったので、劇的に音の張り出しが変わった記憶があります。

ナット、サドルを交換するならTUSQはオススメですね。


久しぶりにちゃんと弾ける状態になりました。

若いネックなので、ガンガン弾き込んで『俺色』にしていきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

乙です!
いやぁ~…ネック交換で引っ張りましたねぇ^ロ^
チャリと違ってやっぱ楽器と言うものは複雑なんですね(^-^)

がんがん弾いて、テル色に染めちゃってください(^^)

No title

塗装が乾燥する待ち時間があるしね。

手元にパーツが無かったりしたんで、かなり引っ張ってしまいました。

もっと効率良く作業せねば。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

teru69dodo

Author:テル
40代乗っかりました。
既婚

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。