スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tさんのメンテナンス #1

前回おおまかなチェックを済ませた後、各パーツを取り外しました。

長年の汚れが付着してます。 ちょっと、ボディをきれいにしときます。 


P1050429_convert_20090123125305_20090123132114_20121120085549.jpg

P1050430_convert_20090123125354_20121120085548.jpg
汚れはパーツとの隙間に溜まるんですね。 汗やホコリが固まって、カチカチになってます。

僕はマーティンのポリッシュを使用してます。

全体に吹きかけて、しばらく待って拭き取ります。


今回の問題点はここ

P1050434_convert_20090123125641_20121120085547.jpg
ポケット内に、塗料が残っています。

ボルトオンのギターには、わりとよくある状態です。

底面の縁の部分に残ってる塗料を落として、ネックとボディの接地面を確保します。

塗料が残ってる状態では点で接してしまうので、ネックのセンターがズレてしまう事があります。


そしてここも問題が

P1050436_convert_20090123125946_20121120090139.jpg


P1050438_convert_20090123130105_20121120090138.jpg
塗装のひびだと思っていたのですが、少しだけボディにもひび割れが達していました。

ポケットの側面にシーラーがかなり乗っていて、ネックとポケットの幅が合ってなかったようです。

しかも、ちょうどここはボディの継ぎ目でした。

ひび割れはほんのちょっとなので、演奏には支障はないでしょう。


P1050435_convert_20090123125754_20121120085546.jpg
地道にサンディングします。

平面が出た木材に、サンディングペーパーを貼り付けてます。


作業後のネック・ポケット

P1050437_convert_20090123130029_20090123150954_20121120090137.jpg
デコボコしていた側面も、ひとまず面は出ました。 

それでも、まだまだシーラーは残ってます。


P1050440_convert_20090123130216_20090123151021_20121120090137.jpg
ネックエンド側は、少し隙間がありますね。

残ってるシーラーを落としたら、どれだけ隙間が空くんでしょう。

ポケット側面のキツキツ感は無くなったので、ネックに余計な負荷はかからなくなったと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このギターのオーナーTです。
早速メンテしてもらってありがとうございます。

ネック部分のひびは気にはなっていたのですがやはりボディまでいってたんですね。
演奏には支障がないとのことで安心しました。

No title

あ、Tさん。 おつかれさまです。

全体的に大きな問題は無さそうです。
ボリュームも、固定のナットが緩んでいただけでした。

あれからBMXの方はセッティング出ました?
なかなかタイミングが合いませんが、また乗りましょうね。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

teru69dodo

Author:テル
40代乗っかりました。
既婚

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。