スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAP STEEL GUITAR 製作#5

久々の本体の加工ネタです。

ボディの外周のカットが済みました。

カットした部分は、まだ荒れているのでちょっと滑らかにします。

角にRを付けてみました。
P1030693_convert_20081202123414_20121120124014.jpg


P1030695_convert_20081202123519_20121120124013.jpg

面取りしてます。               

外周も角が丸くなりました。
 

一旦、ボディ全体に#240のペーパーでサンディングしました。

ここで、ちょっと予定変更することに。

17ピースの継ぎはぎボディはルックス的にいかがなものかと。

表面に多少見た目の良い材を貼る事にします。


手持ちの材料に、適当なサイズのアガチスがありました。

工作用に持ってた材料なので、材が柔らかいのが気になるところですが...。


気になると言いつつ、張り合わせてしまってます。
P1030727_convert_20081202123626_20121120124012.jpg
 
中央から左右の木目が違いますが、気にしない気にしない。

ついでに、ボディの内側に何箇所か空洞(キャビティ)をつくります。

ホロウボディってやつですね。

予想外に重くなってしまったので、軽量化とアコースティックな響きが得られる事を期待して。
《残念ながら、キャビティの画像は見当たりませんでした。》


なんとか見つけたコントロール部の画像

P1030718_convert_20081202123713_20121120124011.jpg


P1030729_convert_20081202123811_20121120124010.jpg


トップの貼り付け
P1030731_convert_20081202124038_20121120124309.jpg


P1030733_convert_20081202124132_20121120124308.jpg

いきあたりばったりの思いつきで、プランを急遽変更してしまいました。

結果、多少見た目は良くなり、ボディも軽くなったので取り回しもしやすくなりそうです。

でも、この作業が音に反映してくれるのかは疑問が残ります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

teru69dodo

Author:テル
40代乗っかりました。
既婚

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。